リサイクルトナー活用のススメ~okiの互換インクについて~

プリンター

使い勝手も純正と同じ

カラー対応トナーが増える

プリンター

レーザープリンターにはカラー対応と非対応の機種が存在しており、oki製品に関しても同じです。現在はまだカラー非対応のモノクロレーザープリンターがoki製品でも多いですが、徐々にカラーレーザープリンターが普及しており、今後は再生トナーに関しても、カラー対応の製品が増えると予測されています。 カラー対応のoki再生トナーは製造する上でいくつものハードルが存在します。その1つが純正のトナーにいかに色合いや濃淡を近づけるかという問題です。かつて多く見られた海外製の安価なトナーなどは、純正に比べて色合いや濃淡が異なることが多く、問題となっていました。 しかし現在ではoki純正のトナーに非常に近いカラーを出せるようになっており、純正トナーから乗り換える人も少なくありません。今後もカラーレーザープリンターの普及に伴って、カラー対応の再生トナーが充実していくと期待されています。

価格の安さだけでない利点

ともすれば価格の安さが注目されがちなoki社互換の再生トナーですが、それ以外にも利点は複数あり、人気の要因ともなっています。 利点の1つとして挙げられるのが、独自の仕様を持つ再生トナーの販売です。純正のトナーに比べてトナーインクの量を大幅に増やして充填したお買い得な製品もその1つです。またoki社だけでなく、複数のメーカーに対応しているマルチ互換な再生トナーも存在しており、2台以上の異なるメーカーのレーザープリンターを所有する企業にも重宝されています。 他のoki社対応の再生トナーの利点として、使い易さがほとんど同じだという点です。再生トナーは純正トナーの容器をそのまま利用する事も多いためで、いつも使用しているoki純正トナーと同じ使い勝手で交換使用ができます。