リサイクルトナー活用のススメ~okiの互換インクについて~

プリンター

海外メーカー製も売却可能

純正から再生品まで売れる

Female

新機種のプリンタを購入したり、オフィスの引っ越しなどでトナーが不要となる事があります。そういった場合にわざわざ手間や費用を掛けて処分をしなくても、買取をしてくれる業者があるため、多くの個人や法人が利用しています。 プリンタメーカーの純正品はもちろん、リサイクルトナーであっても買取をしてくれます。状態も未使用品は高価買取が期待でき、使用済のトナーであっても買取してくれるのも人気の要因です。対応メーカーも国内の主要メーカーはどの業者も買取対応しており、さらに海外メーカーのトナーも売却できる所もあります。 このようにトナーの種類や状態を選ばない上、出張や宅配での買取も可能な点も、人気の理由の1つとなっています。

売却最低個数に気をつける

使わなくなったトナーを売却できる買取サービスは便利ですが、利用にあたって気をつけたい事もあります。 その1つが売却最低個数を把握しておくことです。業者の多くは最低売却個数を設けている事が多く、この個数以上の売却の場合は宅配便の送料や手数料が無料になるといった恩恵が得られます。しかしこの個数に達しない場合は送料などが発生することがあるので注意が必要です。 もう1つ気をつけたい事として、業者にトナーを送る時には破損が起こらないように梱包なども慎重になる事です。トナーは精密機器のため、梱包が雑だと破損が発生しやすくなります。そうすると買取価格が下がるだけでなく、場合によっては返却される事もあるので破損には要注意です。