リサイクルトナー活用のススメ~okiの互換インクについて~

周辺機器

使い勝手も純正と同じ

プリンター

カラーレーザープリンタが普及しつつある現状からも、今後はoki社互換の再生トナーはカラー対応の製品が増えると予測されます。これら再生トナーが人気の理由は価格が安いだけではなく、インク充填量が多い製品の存在やoki社以外にも対応しているマルチ互換な再生トナーの存在も挙げられます。

詳細を確認する

激安が売りです

プリンター

互換インクの良さは、使いやすさや性能が全てではなくやはり金額の安さが秀でていることです。なぜなら枚数を多く使うコピー機など使い方が激しいものになるとインク代だけでもバカにならない位の高さとなります。互換インクを使うことによって環境にも優しく節約にもなるこれが選ぶ理由です。

詳細を確認する

海外メーカー製も売却可能

Female

業者のトナー買取サービスが人気の理由は、国内だけでなく海外メーカーにも対応しており、純正品だけでなくリサイクルトナーであっても売れる点にあります。売却時に注意したい点としては、業者の多くがトナーの売却最低個数を設けているので、余計な費用が発生しないように売却個数にも気をつけることです。

詳細を確認する

適合したトナーを購入する

経費を大幅に削減するコツがここにあります。複合機のリースなら、複数社に一度に見積もりしましょう。一番安い料金でお手軽に利用できますよ。

カートリッジの種類

プリンター

最近のプリンタはインクジェットタイプもレーザータイプもインクを複数に分けて、それを印刷時にそれぞれ吹き付けることで印刷品質を向上させています。okiのレーザープリンターに関しても同様であり、そのリサイクルトナーカートリッジも色に応じて複数の種類があるので、豆知識として知っておくのが望ましいと言えます。現在のoki製品はモノクロレーザープリンターではブラックを使っています。カラーレーザープリンタの場合はこれにシアンとマゼンタ、イエローが加わり、それぞれリサイクルトナーカートリッジが存在します。このうちブラック以外のカラートナーは無くなってもモノクロ単独での印刷もできます。しかしカラートナーが無くなると、当然カラー印刷ができなくなるので、okiのリサイクルトナーでカラーレーザーを使用するに際しては、カラートナーの残量にも注意が必要です。

購入に際して気をつける事

高性能プリンタを多数販売しており、とりわけ法人からの評価が高いokiのレーザープリンターのトナーには、他社が製造販売しているリサイクルトナーも多数販売されています。これらのリサイクルトナーは価格が安いこともあって人気がありますが、購入に際しては気をつけたい事もあります。まず1点目にoki向けのリサイクルトナーは他のメーカー向けトナー同様に保証が販売店ごとに内容が違っているため、どういった保障内容かよく確認をして購入することです。2点目の注意点に、品質に関して販売店の説明やスペックなどを鵜呑みにしない事です。印刷可能枚数や再利用可能な回数などの性能はokiが定めたものでありません。あくまでその販売店や業者が独自に判断した数字のためです。最後の3点目として、支払い方法や送料についても注意をしておくことです。送料は無料の販売店も多いですが、中には一定条件を満たさないと有料となる所もあります。

プリンターの詰まりにお困りの方。洗浄カートリッジの利用をしてみた方が良いでしょう。メーカーによって使い勝手が異なるためしっかりと選ぼう。

コピー機のリース料金で頭を抱えているならこちらをチェック。ネット上で簡単に安い業者を見つけることができます。登録せずに利用できますよ。

IPフォンを使用すれば、格安で電話を利用することができます!便利な機能も豊富にあるので、チェックしておいたほうが良いですよ。